幕末維新庵

松下村塾、長州、会津、新選組など幕末維新関係の人物、史跡などをご紹介します。

「史跡」の記事一覧

幕末坂本龍馬高杉晋作らが入った維新の湯松田屋ホテル湯田温泉

幕末に高杉晋作・桂小五郎・坂本龍馬・西郷隆盛が入った温泉がある!湯田温泉・松田屋ホテルレポ

幕末、志士たちが集った山口市湯田温泉にある松田屋についてレポします。 松田屋は現在も松田屋ホテルとして営業しており、なんと高杉晋作や坂本龍馬が入浴した当時のままの湯舟に入れるファン必見のホテル。 維新の震源地・長州の史跡 […]
鹿児島県鹿児島市西南戦争西郷隆盛関係史跡

西郷隆盛が設立した私学校跡と西南戦争銃弾跡

西郷隆盛が設立した、鹿児島県鹿児島市にある私学校跡についてです。 設立目的とは裏腹に、暴走する私学校 明治7年、下野した西郷隆盛が、陸軍士官養成のために設立したのが私学校です。 設立費用は西郷隆盛、大久保利通、桐野利秋な […]
鹿児島県鹿児島市西南戦争西郷隆盛関係史跡

西郷隆盛が眠る南洲墓地

西郷隆盛が眠る南洲墓地 明治10年2月に始まった西南戦争は、7ヶ月後の9月、総大将・西郷隆盛の自刃により幕を閉じます。 その遺体は、当時の鹿児島県令(知事)岩村通俊が官軍の許可を得て、浄光明寺=現在の南洲墓地に仮埋葬しま […]
大分県日田市広瀬淡窓の咸宜園

広瀬淡窓の私塾・咸宜園跡

天領・日田にあった日本最大級の私塾 咸宜園は、幕末の儒学者・広瀬淡窓が24歳の時、文化2(1805)年に設立した私塾です。 淡窓の死後も引き継がれ、明治30年に閉塾するまでの約90年間で、全国から集まった約4,800人の […]
桂小五郎幾松寓居跡

桂小五郎幾松寓居跡・料亭幾松

桂小五郎幾松寓居跡・料亭幾松 現在の料亭幾松は、桂小五郎(木戸孝允)と妻・幾松が寓居した跡にあり、門前には桂小五郎幾松寓居跡の碑が建っています。 また、築200年になる当時のままの建物二棟は、国の登録有形文化財に指定され […]
京都三年坂坂本龍馬の定宿明保野亭

明保野亭(明保野亭事件・龍馬の定宿)

明保野亭 明保野亭は、元治元年6月10日に発生した明保野亭事件の舞台となった、清水三年坂にある料亭です。 明保野亭事件は、5日前に発生した会津・新選組による池田屋事件の残党狩りに伴い、志士の出入りが多かった明保野亭に会津 […]
木戸孝允坂本龍馬墓所霊山護国神社

霊山護国神社

木戸孝允(桂小五郎)、久坂玄瑞、吉田稔麿、坂本龍馬、中岡慎太郎らの墓所、霊山護国神社についてです。 霊山護国神社 言わずと知れた志士たちの墓地及び招魂社、霊山護国神社。 私も京都に来た際は必ず立ち寄ります。 (画像は龍馬 […]